財団について

筑波サーキットキャラクター

法人概要

会社案内はこちら


オートスポーツの発展と、社会への貢献をめざして。

オートスポーツは、未来を担う青少年の健やかな成長を育み、機械工業の技術進歩につながるという社会貢献性を持つものです。私たち日本オートスポーツセンターは、安全・環境への意識を強く持ち、 筑波サーキットの運営のほか、 さまざまな事業を通じて、オートスポーツの発展と社会への貢献を目指しています。

日本オートスポーツセンター JASC


目的
私たちは、サーキット施設の運営を通じて、オートスポーツの普及および競技車両等の性能向上を図ることにより、青少年の心身の健全な育成と関連機械工業の振興に寄与することを目的として各事業を行っています。

設立
日本オートスポーツセンターの設立は、昭和41年(1966年)。
当時の日本にはモータースポーツの教育、普及に対応できる施設、一般の人たちが気軽にモータースポーツに接することのできる施設が、欧米諸国に比べまだまだ不十分な状態にありました。そこで、日本のモータースポーツを普及、発展させるためには、本格的なサーキットを建設しなければならないという趣旨に基づき、文部大臣及び通商産業大臣の許可を受け、公益法人として設立されました。その後、平成23年(2011年)4月に一般財団法人日本オートスポーツセンターとして認可され、現在に至ります。

事業内容
●サーキット運営
●オートスポーツの普及に関する広報
●オートスポーツの理論および技能に関する研究
●競走車および競技用機器に関する試験研究
●競走車および競技用機器の使用に関する指導
●オートスポーツに関する教育及び指導

組織図
組織図
沿革
1966年 2月 財団法人日本オートスポーツセンターの設立が文部大臣ならびに通商産業大臣より
許可される。
1970年 6月 全長2,045mのサーキットコースをオープン。
1985年 6月 ジムカーナ場をオープン。
1986年12月 ミニバイク専用コースをオープン。
1989年 5月 コントロールタワー・VIPルームの新設。
1990年 7月 サーキットコースの一部に2輪専用コースを付設、2輪コースは全長2,070mとなる。
2000年 1月 コース2000全路面改修。
2000年10月 ミニバイク専用コースを全面リニューアル。コース1000の名称としてオープン。
コース1000のオープンと同時にサーキットコースの名称をコース2000に改称。
2010年 8月 サーキットオープン40周年記念事業を開催。
2011年 4月 一般財団法人として認可される。
2015年 サーキットオープン45周年。

思い

page_top