T.O.T Top
 
Pick Up
WEBエントリーはこちら
テントスペースを
お申込みの方へ
WEBエントリーが
完了した方へ

事前プレス申請
 
Race
T.O.Tとは…
クラス説明
2017大会開催概要・ 特別規則書など
タイムスケジュール・ 公式通知
ブルテン
暫定エントリーリスト
特スポ案内
Aパドックテント配置
お知らせ
リザルト
コースレコード
チーム看板
チケット案内
出店ブースマップ
入場&場内案内
ポスター&チラシ
Event
Top of Dogs
フリーマーケット
GAL-ON
PHOTO-CON
F/1GP(釣り大会)
Reports
16.11.06 KAGURADUKI STAGE
16.05.08 SATSUKI STAGE
15.11.08 KAGURADUKI STAGE
15.5.10 SATSUKI STAGE
14.11.9 KAGURADUKI STAGE
14.5.11 SATSUKI STAGE
13.11.10 神楽月の陣
13.5.12 皐月の陣
12.11.04 神楽月の陣
12.6.10 葵月の陣
11.11.06 神楽月の陣
11.5.15 皐月の陣
10.11.07 LEGEND
10.11.07 神楽月の陣
10.5.16 皐月の陣
09.11.1 神楽月の陣
09.5.17 皐月の陣
08.12.7 special round
08.6.14
07.10.21
Others
T.O.Tチャンネル
T.O.Tテーマソング
Tea Break
 2016 SATSUKI STAGE、今回も大盛況で嬉しい限りです!エントリー台数もメガ盛りな上に、ご来場者数もテラ盛り過去最高記録を更新!当日はまさに五月晴れでしたからね~、駐輪場もあっちゅう間に埋まっちゃったとか。いやもうパドック内は人の波が絶えることなくて、ちょっともう移動するの大変(;´∀`) でもその雰囲気が良いんですよね、ザ・お祭りな感じが「あ~テイストしてるわぁ」って満足しちゃう不思議。
 私事ですが今回はダンロップ~アジアコーナーあたりを重点的にうろついてたのですけど、芝生席ではレースそっちのけなチビっ子達のキャッキャウフフと楽しげな声が飛び交っておりまして、コース挟んで向こう岸の激感エリアはカメラ構えた観客の皆さんが大勢、なんとも不思議な空間でした。
 そして実はテイスト・オブ・ツクバが始まって以来初めて決勝をじっくり見ました(いつもは裏でゴソゴソやってたもので)。いやぁ、カッコいいの一言に尽きますね!上位入賞した人もそうでない人も、チェッカー後はみんなで観客席に手を振ってくれるその姿は、完っ全にヒーローです。ちょっといや結構グッと来ちゃいました。
 次回は11月6日、今から楽しみで仕方ないですね!

参加台数275台 ご来場者数7300人

 決勝レポート
赤旗9回、筑波に吹き荒れたメイストーム
2016テイスト・オブ・ツクバ SATSUKI STAGE

今年最初のテイスト・オブ・ツクバが大勢の観客を集めて行われた
しかし予選でバイク炎上を含む赤旗中断2回、決勝では同じく7回と
合計9回の赤旗中断が発生するなどタイムスケジュールは終日大混乱
それでもモンスターの予選が3組となるなどTOTは盛況街道を突き進む

ZERO-4

ZERO-2

D.O.B.A.R.1・2 & ZERO-3

ZERO-1

MONSTER Evo.

F-ZERO

MONSTER Gr.A

HERCULES
& SUPER MONSTER Evo.

MONSTER Gr.B

 レースハイライト Race Highlight
平均年齢ちょっと高めな、違いのわかるオトナの遊び
今シーズンもテイスト・オブ・ツクバが始まりました
おかげさまでエントリー、観客数ともに盛況で大混雑
次回は11月6日に開催。またTOTを楽しんでください

 シャンパンファイト Champagne Fight
レースの世界では勝者の喜びを表すシャンパンファイト
同じレースを戦ったライダー同士で健闘を称え合うもよし
チームスタッフへ感謝を込めてシャワーを贈るのもよし
それは日常生活では絶対に体験できない最高の瞬間です

 表彰台 Podium

 パドックイベント Events in Paddock
レースと並ぶTOTのお楽しみといえば、パドックイベントです
レースやバイク関連のショップに芝生広場のフリーマーケット
フードコートやキッズコーナーもあり、1日居ても飽きません
日本最大のイベントレースTOTのパドックイベントを写真で紹介
   

 縁の下の力持ち レースオフィシャル Race Officials
筑波のオフィシャルスタッフといえば、昔からライダーたちの間では
仕事が早いと有名でした。コース全長が短いため迅速に対応しないと
すぐにバイクが1周回ってきてしまうからです。この過酷な環境下で
揉まれ鍛え上げられた精鋭スタッフたちの頼もしい姿をご覧ください