耐久茶屋

耐久茶屋 筑波耐久ロードレース

WEBエントリーはこちら

WEBエントリーが
完了した方へ

筑波サーキットキャラクター

耐久茶屋とは

耐久茶屋とは
4miniの宴FOFの宴

「お茶でもすすりながら・・・」を合言葉に、2006年11月11日、4st125cc以下のミニバイクによる耐久レース “耐久茶屋”が誕生しました。皆様に愛され続け、初開店から様々な感動と歴史を残してきた『4mini 5時間耐久』 ですが、2018年8月の大会をもちまして一旦休止となり12年の歴史に幕を閉じることとなりました。 『Force One-Fourth』は今後も継続開催いたします。変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 そんな2018年の耐久茶屋は、8月に『4mini 5時間耐久 千秋楽』、11月に『Force One-Fourth』を開催。 毎年笑いあり、涙あり、感動ありの茶屋ワールド、結びの1番掉尾を飾るのはどのチームか?あなたもお茶をすすり ながら感動のドラマを目撃しよう!!!

耐久茶屋

4mini 5時間耐久は、参加台数は最大80台を予定 しており、今年もOPEN100/ST125/ST100の 3クラスで開催されます。

耐久茶屋

『250ccで1番強いのは誰だ?』と銘打った耐久レース は、今年もNS2/TN2/NT2/N250F/FT2の5クラス が戦列を極めた戦いを見せる!予選上位40台での Force1(2.5時間)と41位以下のForce2(1.5時間)が行われます。

イベント風景

さらにパドックでは今年も恒例のキッズ向けイベント「サーキットにおいでよ」を開催します。
(※ 11月のみ開催)ロケーションマップを片手にサーキットをまるごと楽しんじゃおう!!
※写真は2017年耐久茶屋のイベントの様子です。本年のイベントと異なる場合がございます。

耐久茶屋&Force One-Fourth

大会概要

大会概要

●大会名: 筑波ロードレース選手権シリーズ第3戦 × 耐久茶屋 ~4miniの宴~ 千秋楽
●開催日: 2018年8月5日(日)

●大会名: 耐久茶屋 ~Force One-Fourthの宴~
●開催日: 2018年11月24日(土)

●主催者: 一般財団法人 日本オートスポーツセンター(JASC)
●会 場: 筑波サーキット コース2000
●承 認: 一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
●開催クラス・レース距離:8月5日(日)/4mini 5時間耐久
             (OPEN100・ST100・ST125)
             11月24日(土)/Force One-Fourth(4st250cc)
●お問い合わせ先・申込先:一般財団法人 日本オートスポーツセンター(JASC)
             〒304-0824 茨城県下妻市村岡乙159
             TEL : 0296-44-3146
             FAX : 0296-43-1115

観戦料金・駐車料金

観戦料金・駐車料金

●観戦料金(1日あたり)

入場料金
1,000円(パドックフリー)
※小学生以下のお子様は父兄同伴にて、中・高校生は学生証提示にて入場無料。
※筑波サーキットライセンス会員様はご本人に限り入場料金より500円引き。但し有効期限内に限ります。
駐車料金
2輪/無料 ・ 4輪/1,000円
※小学生以下のお子様は父兄同伴にて、中・高校生は学生証提示にて入場無料。
※筑波サーキットライセンス会員様はご本人に限り入場料金より500円引き。但し有効期限内に限ります。

ご来場いただくお客さまへ

page_top